相模原中ロータリークラブRotary Club of Sagamihara Naka

About Our Club当クラブについて

1977

創立年

29

(2020年7月現在)

現在会員数

61.3

(2020年7月現在)

会員平均年齢

毎週火曜

12:30 点鐘

例会日時

22 万円

(入会金なし)

年会費

詳しく見る

Greeting会長あいさつ

2020-2021年度第45代会長に就任しました佐々木敏尚です。私は2011年5月に当クラブに入会させていただきました。まだ10年も経っておらず、知識も経験も乏しい身ではありますが、伝統ある当クラブの会長の名に恥じないように精一杯、会長の職を務めてまいりたいと考えております。皆様方のご指導ご協力を心よりお願い申し上げます。

さて、本年度の国際ロータリー会長ホルガー・クナーク氏は、今年度のRIテーマを『ロータリーは機会の扉を開く』(Rotary Opens Opportunities)とされました。国際協議会の基調演説では、「奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すものであり、会員自身にも受益者の人生を豊かにする」と呼びかけています。

ロータリークラブの奉仕活動は、世界中の助けを必要としている人々を、希望へと導く扉となるものです。周知のとおり、ロータリーによるポリオ根絶に向けた奉仕活動により、世界中で数億人に及ぶ子供たちにポリオワクチンが投与され、大勢の子供たちの命が救われました。ロータリー財団から奨学金を受けた多くの学生たちが世界中で学業の機会を得て、新しい人生の扉を開いています。また、これらの奉仕活動は、奉仕をする我々自身の人生をも豊かにする機会の扉を開いてくれます。

このようなロータリーの活動が素晴らしいものであることは、ロータリーが1905年に創立されて以降、世界中で多くの人々から共感を得て、瞬く間に世界中で賛同の輪が広がり、現在では200以上の国と地域で120万人を超える会員が活動していることからも証明されています。

今年度のロータリークラブは、昨年度後半に引き続き、新型コロナウイルスの影響を受けて波乱の幕開けとなりました。世界中で経済が停滞し、日々の例会の開催すら危ぶまれるかもしれません。

しかしながら、ロータリークラブは、『機会の扉を開く』ための歩みを止めません。ロータリークラブは、地域の企業経営者や専門家の集合体です。ロータリーの使命は、職業人と地域社会のリーダーのネットワークを通じて、人々に奉仕することです。そこでは、高潔さが奨励され、世界理解・親善・平和の推進が求められます。
我々相模原中ロータリークラブは、企業経営者と専門家の英知を結集し、ニューノーマル(新常態)に適応する奉仕活動を具体的に模索していきます。地域社会における奉仕活動を通じて、地域の子供たちに新しい機会の扉を提供します。また、海外の友好クラブとも協力しながら、海外における奉仕活動を通じて、世界理解・親善・平和を推進いたします。

もし我々相模原中ロータリークラブの活動に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ、当クラブの事務局までご一報ください。我々は、地域社会の企業経営者や専門家の皆様と一緒に、素晴らしい奉仕活動を実践していきたいと考えています。

皆様方のご指導ご協力を心よりお願い申し上げ、会長就任のご挨拶とさせていただきます。

2020〜2021年度会長

佐々木 敏尚

What’s Rotary ?ロータリーとは

ロータリークラブは国際的な社会奉仕団体「国際ロータリー」に所属するクラブです。それぞれのクラブは独自の社会奉仕活動を企画立案、実行しています。ロータリークラブの会員は、時分の職業、才能を通じて社会に奉仕し、また国内や世界各地のロータリアン、他団体の人々と文化交流う、職業交換、合同奉仕プロジェクトなどをおこなっています。
ロータリークラブの会員(ロータリアン)の数は全世界で120万人以上。200以上の国と地域に約3万3000のクラブがあります。

詳しく見る

Scheduleスケジュール

今後のスケジュール

2020年7月7日
例会
新年度第1回例会 
新年度のご挨拶  会長、幹事
2020年7月14日
例会
会員増強セミナーの報告 早川委員長
2020年7月21日
例会
クラブ協議会「今年度の活動に向けて」
2020年7月28日
例会
卓話 諸隈 武会員

例会場:相模原市民会館4F「あじさいの間」

〒252-0239 相模原市中央区中央3-13-15
TEL:042-752-4710 / FAX:042-753-2000

例会日:毎週火曜日 12:30